まずは歴史から

保育士の資格取得を考える前に、「保育士の歴史」「保育園の歴史」というものを少しお話したいと思います。
これから取得する資格についての豆知識としてお読みいただければと思います。

保育士という資格が誕生したのは1999年以降のことです。それまでは保育士という資格名称はなく、「保母」という名称が保育に携わる資格名称として一般的でした。
保母という名称が示すとおり、保母の資格を所有する人はほとんどが女性だったそうです。保育=女性という認識は現在でもさほど変わりないかもしれませんが、昔はそれが顕著だったようですね。

「男女雇用機会均等法(1985年)」に制定されると、男性保母の割合も増加。ジェンダーフリー(gender free)の普及などの影響もあり、男性も保育職に携わることも多くなりました。「保父」という名称はこの頃から使用されるようになります。

しかし、保母という名称が女性を連想させるということから、「保父」という名称を保育に携わる男性に対し使用するようになりましたが、公式文書などの職業欄には、男性であっても「保母」という記載が必要でした。
これに対し、多くの男性保育者から意見が寄せられ、保育士という正式名称が誕生したとされています。これによって男女問わず、保育士として統一されたのです。これが1999年のことです。

現在、保育士資格は「男女を問わない国家資格」として幅広い年齢層からの指示を集めています。

一方、保育園の歴史は古く、「亜米利加婦人教授所(横浜)」に開設されたのが保育園の始まりとされています。これが1871年のことなので、随分と古い歴史であることがうかがえます。
尚、日本人による託児所の設置は1890年が最古の記録として残っているようですね。もともと、当時の託児所の定義は「子守りをしながら学校に通う子供たちを対象」に作られたもので、こうした託児所は全国各地に次々と設置されていきました。

それから1919年には公立の保育所が設立され、救貧対策の一環として、これらは大阪・京都・東京の順に設立されていくようになります。

そして1948年に「児童福祉法」が制定されると共に、正式に保育所が『児童福祉施設』として法的な施設として認可されるようになりました。
また、その翌年には日本最初の保育士資格試験が実施され、保育士として働くためには国家資格を取得することが義務付けられるようになり、今日に至ります。

1948年以降、家庭の経済状況を問わず保育園は国が保証する福祉施設となりましたが、こうしてみてみると、当時は戦争や貧困などの時代背景によって必要不可欠な施設として設立されてきたことが分かりますね。

「保育士とは」のページに戻る

ページの先頭へ戻る